浪廊の館

浪人になったチャリダーが綴る日常。

一通り入試終わったので。

※寝る前にスマホで書いたので文が乱れています。いずれ修正します。

 

入試、終了です…(今年度)

 

センターに続いて私立の個別入試も一通り終わったので試験問題の感想と今後について書きますよ〜書く書く。

 

受験した大学や方式等については過去記事にぶち込んであるぜ!!というわけで省略。

前回も大きく書いたわけではないので少し伏せていきますよ(無意味)

 

大学別:試験の感想

2/4 K大学

・全問に関して言えること

ありえん難しすぎィ!

さすがK大学、選択肢硬いっすね…。

じゃ、適当に解いて帰るから…。

・科目別には特にないです。

 

2/5 T大学

・全問(以下略

(受験生)舐めすぎてるんちゃう?

こんなんじゃ入る気になんないよ。

良問だって聞いてたのに良問入ってないやん!良問解きたいから個別受けたの!

・科目別(以下略

英語は(構成上)読みづらい文章だったけど問題は死ぬほど簡単だったゾ…

国語に関しては馬鹿にされてるのかと思うほど簡単で半分時間余った。

こんなんで時間全部使うとか甘いよ?

政経は模範的で良かったゾ。

 

 

今後について

K大学合格の可能性は非常に低いと思われます。

まあ倍率高いし、仕方ないね。

T大学を落とすことはまず無いと思いますが、受かっても行くつもりはありません。

ここは受験料が高かったので払ってもらった親には本当に申し訳ないですが、このレベルの学校に入って自己を強くできる自信がありません。

(この大学がアジア研究で強いのはわかっていますし、教員も優れた方が多いですが、学生のほうに不安を感じます)

 

本当は初めから努力できればよかったのですが、毎度毎度私はあとになって後悔したりする口なので、きっとタイムマシンで昨年初頭に戻って忠告したとしても回避はできないでしょう。

ただ、今回の受験を通じて少なからず、高校入試の頃には確かに持っていた向上心を引き出すことができたのではないかと思うのです。

現在は浪人して国公立(目標は高く、旧帝にセット)を目指すという方針の下、漠然としたものですが計画を立てています。

もしかしたら何かがひっくり返ってK大に受かるかもしれませんが。

(まあそれが一番言いのですが)

少なくとも再来年度には大学の門をくぐれるように、キャンパスライフを楽しめるように、そして憧れのオートバイに乗れるように、努力する所存です。

本ブログでは自転車やコンピュータ等に関する記事を掲載しています。自転車に乗る際は安全を確保し、周囲に注意して走行してください。
また、本ブログに従った場合に受けた損害についての責は一切負いません。