Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

燃料人

浪人になったチャリダーが綴る日常。

足の毛を剃ってみた。

f:id:nxchips:20160402230810p:plain

▲二度に渡って追い越しをかけられた可哀想な記事くん

 

数日前に荒川CRを走っていて思った。

「ロード乗りすね毛なさすぎワロタ」

その時はなんか女々しくてダサいと思ったけど、スピードを求める人間にとって走行中のエネルギーの殆どを掻っ払っていく空気抵抗を減らす努力は避けて通れない。

空気抵抗は30km/hの時点で漕ぐ力の約70%にあたるというのを何処かで読んだ。

また安全性の面でも怪我の大半が”擦り傷”の二輪車では、応急処置の簡易化や重症化の防止、自己再生による悪化という矛盾した事態の回避に大きく貢献するそうだ。

 

というわけで、

僕も”自転車乗りの端くれ”として足の毛を剃ることにした。

 

毛を剃るときは万が一ケガをした時のことも考えて衛生的な場所で行うべきと聞いたので、風呂場でやることにした。

(汚いので画像は無し)

用意したのは安全剃刀とシェービングフォーム。

腿の裏が特に濃くて剃りづらいので注意して剃る剃る...

剃れた!(1時間経過)

 

剃った感想

くっそ痒い、ジョリジョリする、横に擦れば鮫肌、縦に擦ればさらさら。

足が真っ白で小学生の頃を思い出した。

明日は久々のロングライド。効果のほどについてはまた後日。

本ブログでは自転車やコンピュータ等に関する記事を掲載しています。自転車に乗る際は安全を確保し、周囲に注意して走行してください。
また、本ブログに従った場合に受けた損害についての責は一切負いません。