Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

浪廊の館

浪人になったチャリダーが綴る日常。

東京モーターサイクルショーに行ってきた。【後編】

東京モーターサイクルショーレポート前編はこちら

後編は海外勢のブースレポート!
国内のバイクとはまた一味違う、海外バイクの魅力を感じて参りました!
ちなみにばくおん!!では海外バイクは聖ちゃんが担当。聖ちゃん推し福眼福眼。
聖ちゃんがいちばんかわいいって、それ(ry

1.DUCATI

Q.ヅカチ?
A.ドゥカティ
イタリアのバイクメーカー、ドゥカティです。
ばくおん!!だと「乗ろうとしても壊れて乗れないからある意味エコ」とか「部品取りにもう一台持っとけば壊れない」と言われたり、オイルをお漏らし、自爆…等々、なかなか扱いの酷いドゥカティ

f:id:nxchips:20160329013903j:plain f:id:nxchips:20160329013914j:plain 画像は㊤1299PanigaleS ㊦ハンドル周辺。
ここまで美しいバイクは無いんじゃないかな。
まさに芸術、走る彫刻。
カウルの流線型と全体のバランス、輝かしく深く甘美な赤。
そして性能。
美しさで言えば向かうところ敵無し。
とても高価なバイクで、一人跨がる度に側についた人がタンデムシートを拭っていた。
ばくおん!!では聖ちゃんがこれをワンオフで中型化して乗ってたんだっけ?

f:id:nxchips:20160329014039j:plain 異型ヘッドライトのストファイ、Monster。
トラスフレームが美しいながらメカメカしく、ストリートファイターとしての攻撃性を兼ね備えているデザイン。

f:id:nxchips:20160329014546j:plain こちらドゥカティから新しく登場する400ccのScrambler Sixty2。
エンジンはドゥカティの"L"、L型二気筒。
若者のバイクというイメージで、シブクいイケてる大人のバイクというイメージのドゥカティを打破する新たなジャンル。
何より海外製バイクでありながら400ccというのは非常に珍しい。
(日本は市場規模が小さいせいか、海外メーカーのバイクはボアダウン等無しの大型扱いで販売)

メーターモーションがかっこいい。

2.Triumph

イギリスのバイクメーカー"トライアンフ"。
"トリンプ"(下着メーカー)ではない。
正直ここはあまり詳しくない…。
撮ったけど名前のわかるバイクが少ないので、解説とか無しで貼っちゃいます…。
f:id:nxchips:20160329022124j:plainf:id:nxchips:20160329022149j:plainf:id:nxchips:20160329022141j:plain

3.Hurley Davidson

The Americanのバイクメーカー。
日本だとアメリカン=ハーレー。
だから知らない人からすればブルバードやイントルーダーは「スズキのハーレー」、ドラッグスターは「ヤマハのハーレー」、チャリの荷台に尻乗っけて走れば「ハーレー式」。
(世界的メーカーが4社もあるのに)これで通じちゃうバイク不毛の地"日本"、とっても怖い。

※写真ロストしました!ごめんなさい!
実は低ランクのモデルならそんなに高くない(?)ハーレー。
但しコストダウンは日本より激しいので、スロットルやハンドルに関してはカスタムが前提の超チープなデザイン。
塗装に関してはマジョーラペイントでとても綺麗なのでベース車には最適なのかも。
(※マジョーラ…見る角度、光によって色が変わる。GTAをやってる人ならパールセントで理解できると思う)

f:id:nxchips:20160329015950j:plain ハーレーベースのカスタム車。
他にもカスタム車が数台あったけど、これが一番気に入った。
カラーリングが美しい。

ロングツーリングにはチョッパースタイル?
僕的にはバガースタイル。

4.Victory & Indian

アメリカンバイクのVictoryとIndianはヤマハの隣。
f:id:nxchips:20160329023554j:plain Victoryの創業は1998年。まだまだ若いバイク屋さん。
ロングツーリング向きのバイクを製造しているようで、ゆったりした大きな車格と凝ったオーディオ、大収納等々…アメリカの広大な大地を走るのにぴったり。

f:id:nxchips:20160329020108j:plain Indianのバイク。
置いてあったバイクは全車跨り禁止。
そら全部250万強だもんな。

排気量はアメリカライクな大排気量主義に基づく1500ccオーバー。とんでもねえ排気量だ。

5.KTM

オーストリアのKTM。
オフロードに強いバイクメーカー。唯一日本の普自二,小型向けの400や125を積極的に出すメーカー。
f:id:nxchips:20160329020506j:plain これは1290 Super DUKE GT。

ツアラーとしての快適装備を加えた、スーパースポーツツアラー。最新電子制御技術のサポートで、快適なツアラーの足周りと、ハードに攻め込んでも応えるスーパースポーツの足周りをボタン操作で選択可能だ。

f:id:nxchips:20160329020550j:plain こちらはRC250。
シートが低く、幅が狭いので足つきが良好。
なおかつタンクを挟みやすいので気持ちいい。

6.

デェー↑デ↓デ↑デン↑
BMWサウンドロゴ大好きです。
サウンドロゴで一番好き。因みに二番目はキヤノン、ただしニコン教信者。(今回の写真はすべてD5300で撮影しました)

f:id:nxchips:20160329021522j:plain ▲K1600GTL
BMWのバイクは総じてシート高が高い上に広いので180近い僕でも足がべったりつかない。
国産のバイクは(FJR以外)リッターオーバーでもべったりだったのに、悔しい。

f:id:nxchips:20160329021649j:plain こういうのは日本だとスクーターって呼ぶけど、大型のはコミューターとか大きく括ってツアラーって呼びたい。
日本製のビッグスクーターと違ってシールドが高いのでロングツーリング向け。
スクーター型は通勤ライダーとお椀ヘルメットのチンピラが乗ってるイメージがあるけど、これは洗練された感じあるから普通のバイクと同じイケてるライダーが乗ってそうな…(略)。

f:id:nxchips:20160329022102j:plain

7.MVアグスタ
f:id:nxchips:20160329022437j:plain 元GPレーサーの中野真矢さんプロデュースの56デザインの写真にMVアグスタのF3が写っていて凄くかっこいいと思いました(小並感) f:id:nxchips:20160329022756j:plain なんかブース小さいし跨がれるの無いし写真撮りづらかったけど、一度見てみたかったバイクが見れてよかった。
ロゴはもう少し格好良くした方がいいと思いました(失礼)

f:id:nxchips:20160329022718j:plain 海外のトラスは気合が入ってて最高。この目がカッコいい!
DUCATIのMonsterよりアグスタのほうがカッコいいか!?

:他二社(ADIVA,KYMCO)に関しては時間と興味の関係で省きました。

本ブログでは自転車やコンピュータ等に関する記事を掲載しています。自転車に乗る際は安全を確保し、周囲に注意して走行してください。
また、本ブログに従った場合に受けた損害についての責は一切負いません。